バイカル湖は、ロシア南東部シベリア連邦管区のブリヤート共和国とイルクーツク州・チタ州に挟まれた三日月形の湖である。南北 680 km×東西幅約 40-50 km(最大幅 80 km)に及ぶ湖水面の面積は 31,494 km²(琵琶湖のおおよそ約46倍)。カスピ海(塩湖)や 20世紀後半から急速に面積を縮小しているアラル海を除くとアジア最大である。淡水湖で比較した場合、面積は世界最大のスペリオル湖には及ばないものの、最大水深が 1,634 - 1,741 mと世界で最も深い。湖面は標高 456 mにある。貯水量 23 × 104 km³も世界最大であり、世界中の淡水の 17-20%がここにあるとされる。水質も日本の摩周湖に代わり世界一の透明度を誇る湖となり、1996年に世界遺産に登録された。

バイカル湖での釣りについて

スポーツフィッシングファンの多くはロシアにおいて最も大きく深く長いバイカル湖を訪れフィッシングを楽しみたいという夢を持っていると言っても過言ではないでしょう。ロシアの中心部にあるバイカル湖は自然が豊かで常に多くの旅行者を魅了してきました。しかしトロフィーやスポーツフィッシングの愛好家達には知っていてもらいたい事があります。バイカル湖はポイントによって魚の密集が異なって来ております。原因としては中国側から魚網が出されることによりバイカル湖畔の集落や観光地の周りに魚とそのトロフィー指標の数は急激に減少し始まりました。したがって釣りを楽しみ価値あるトロフィーを釣るには釣りツアーを専門に主催している経験豊富な会社、ガイドが必要不可欠です。バイカル湖で釣りツアーを主催している会社は特にバイカル湖の北部をお勧めしているケースが多くここから先が主催者の経験とサービスの腕の見せ所となります。ツアーに参加いただければより良いポイントにお連れすることをお約束いたします。弊社の専門分野はカワカマス(最大14 kg)、スズキ(最大2 kg)、レノック(最大4 kg)、グレイリング(最大3 kg)、オマル(最大1.5 kg)です。 タイメンの釣り(最大35 kg)。弊社がお勧めしているのはバイカル湖の北部に於いてのクルーズ釣りツアーです。

       現在、バイカル湖では300隻以上が登録されておりソビエト時代にに造船した漁業船がきれいにリフォームされたクルーザーから現代的なヨットまでに様々な形の船があります。釣りクルージング用に利用されるのは賃貸料が高くなくて広いスペースのあるメスルーム付きのクルーザーです。船内には快適な寝室、シャワー、サウナ、きれいなトイレ等が設備され全バイカル湖をクルージングができるようになっています。船より大事な事はクルーの経験です。自然界では、その年や季節、天候によって魚は移動してしまうからです。

       バイカルでの釣りに最適な時期は6月20日頃まで、グレイリングとコクチマスの釣りは禁止されていることを考慮に入れると、これらのトロフィー釣りの最もよいシーズンは、この魚種の大きい魚が河口に下る8月の終わりまたは9月の初めになります。同シーズンにはオムリやホワイトグレイリングの釣りは可能です。カワカマスと大ペルカ属にもっと興味がある場合は、6月末、7月が最適です。

さて、下記は魚種ごとによく釣れる地域について

        パイクの釣り:パイクは全バイカル湖に生息しているわけではなくて、主に湾や大きな川の氾濫原に集中しています。トロフィー釣りに最適な場所としてはChivyrkuisky湾、アランガトゥイ湖、セレンガ川のデルタ、上部アンガ川のラデルタです。パイクは最大20 kgのサイズに達しますが、最近では10 Kg魚を釣れたなら大成功です。大きなカワカマスの主な生息地は現在、国立公園と保護区の特別保護区に含まれています

 ペルカ属の釣り:大きなスズキの生息地はパイクと同じです。それらは次のとおりです。 アランガトゥイ湖、セレンガ川のデルタ、上部アンガラ川のデルタです。常にバイカル湖の北部に生息しているが、産卵気に湾に移動するスズキの種もいます。その魚種の特徴は3Kg以上の大きさになることです。

      コクチマスの釣り:コクチマスは川の魚であるという意見があり、この事実はバイカル湖には関係ないです。バイカル湖に限って言うならばコクチマスはバイカル湖の海岸沿い生息しているが、その場所を知る必要があります。コクチマスは鮭科に属します。雌の体重は5 kgに達するが、1 kgから産卵可能になります。バイカル湖に流れ込んでいる全ての大きな川に生息しているが、数が多いのはバイカル湖の北部に流れている川に生息しています。こういう釣りが好きな人にバイカル湖の流域の山川、レナ川へヘリコプターでの釣りツアーもあります。

グレイリングの釣り:バイカルグレイリングは、ホワイトとブラックの 2 種類がいます。ホワイトグレイリングはバイカル湖だけに生息しています。普通、深いところに集中しており色は薄くて背びれは小さいです。体重は 2.5 kgくらいです。ブラックグレイリングは、オムリと並びにバイカル湖では最も生息している種類です。沿岸地帯、浅瀬、河口に隣接するバイカル湖の周囲全体に於いて生息しています。冷たい水は一般的な生息地で、湾や隣接する河口湖にいません。川と湖で産卵しています。体重は 3 kgに達っしておりサケ科に属しています。

       オムリの釣り:オムルはバイカル湖の水域全体に生息し、8月にはバイカル湖の上層に上がり至る所で発見できます。 最大サイズ1.5 kgに達するが、平均して500グラムです。 昼、夜関係なく群れがある場所で先におもりがある独特なバイカル釣り具に結びつけられたハエで釣るのを進められています。オムリはどんな料理をしても非常に柔らかくておいしい魚です。

       タイメンの釣り:タイメンはサケ科の最大の代表の魚で、体重は50 kgに達します。シベリア川のトラとも呼ばれ、タイメンはバイカル湖に生息しているかという質問に正確な答えはありません。主に産卵場への移動中の春にバイカル湖では魚網で捕獲されるがそれはバイカル湖に流れ込んでいる川の流れに沿って上がってくるオムりの群れの後に移動する時です。数は多くなく、大きな川の中流域でしか釣れません。

それ以外にバイカル湖では、どんな魚を釣れますか? バイカルには多くの魚がいますが、そのうちの約20%が固有種です。 ただし、スポーツフィッシングの対象となる魚のうち、バイカルホワイトフィッシュ(最大7 kg)、コイ(最大10 kg)、ローチ(最大1 kg)、カワメンタイ(最大8 kg)、デイス( 700 gまで)、ナマズ(2 kgまで)。