カムチャッカ半島

カムチャッカ半島 - ロシアのユーラシア北東部にある半島。 それはオホーツク海によって西から、ベーリング海と太平洋によって東から洗われる。 半島は北から南に1200キロ伸びています。 Parapolsky Dol - それは狭い(最大93 km)の地峡によって本土に接続されています。 最大幅(最大440 km)は、Kronotsky岬の緯度です。 半島の総面積は〜27万km²です。

地勢

南は千島列島の占守島と千島海峡を隔てて向かい合うロパトカ岬、中央部では東西に約450kmあり、北端のパラポリスキー地峡で100kmほどの幅に狭まった、南北に長い紡錘形をしている。半島の東側はベーリング海・太平洋、西側はオホーツク海に面するが、アバチャ湾にある州都のペトロパブロフスク・カムチャツキーを始め主要港は東岸に集中している。中央山脈(スレジンヌイ山脈)と東山脈が並行して南北に走り、環太平洋造山帯の一部を成す。ここ300年で50回もの大爆発をしている半島最高峰のクリュチェフスカヤ山(4,835m)など、多くの火山を抱えている。カムチャツカ半島の高度分布地図 半島中央東に円形に白く描かれている標高の高い部分は半島の最高峰クリュチェフスカヤ山 (4,835m)。ロパトカ岬(南端)の緯度は北緯50度52分である。東岸には北から順に、オリュトルスキー湾(ロシア語版)、アナプカ湾(ロシア語版)、カラギンスキー湾(ロシア語版)とカラギンスキー島、カムチャツカ川河口、カムチャツカ湾(ロシア語版)、アバチャ湾が位置する。

火山

火山はカムチャッカ半島の主要な観光スポットです。 カムチャッカ地方(旧カムチャッカ地域)とペトロパブロフスク - カムチャツキーの街の旗や紋章、さらにカムチャッカで作られたほとんどのお土産には、火山の画像が載っています。 火山活動は、火山のすぐ近くまたはその上で発生する小さな余震の原因の1つです。 火山の噴火の間に、火山灰、火山スラグおよび火山爆弾が大気中に放出されます - 溶融岩石の塊、さらに多数の様々なガスと水蒸気。 カムチャツカには300を超える火山があります。 活火山と潜在的に活火山は28から36まで含まれています。